nagomiのスタッフ|介護予防・リハビリデイサービスnagomi

nagomi顧問理学療法士永井 美香子

nagomi顧問理学療法士 永井 美香子氏プロフィール

1986年理学療法士国家資格取得

同年有馬温泉病院(脳神経疾患のリハビリ専門病院)にて研究と臨床に従事。

その後4人の子育てを経ながら在宅リハビリの重要性に着目し、訪問看護ステーションにて訪問リハビリを5年間経験。地域リハの重要性と課題に取り組む。

2001年柏の葉北総病院の慢性期リハビリテーションと外来リハビリにて中枢神経疾患・整形外科を中心に従事する傍ら、同病院の訪問リハビリ部門立ち上げを担当。また、同病院内の柳本ジャパンのチームDrと共に、スポーツリハビリと痛みの改善に従事する。

2005年日本初の業態「内科医(向井小金クリニック)のもとで痛みを取る専門のPT」として勤務。更に2006年の医療法改正に伴い自由診療にて月に200人の患者治療に従事する。

一方、同クリニックを抱える有料老人ホーム「マザアス南柏」のアドバイザーとして、介護職員の腰痛対策プロジェクトを立ち上げ、負担のないトランスファー指導・腰痛職員への施術・腰痛予防の体操教室を実施し、腰痛保有者率の低下という成果を発表。また、ボランティアにて地域の公民館で「セルフケア教室」を定期的に開催し、評価を得る。

2008年8月、これまでのすべての知識を活かすために、新柏にて「柏リセット整体院」を開業し、多くの地域の方の健康に貢献し、今日に至る。